換気について

高断熱・高気密住宅の換気について記します。

真夏・真冬は計画換気にたよることになります。

できれば熱交換型。

比較的快適な季節は、重力換気=温度差換気となります。

換気

 

暖かい空気は上に向かいます。

ですのでトップライト・ハイサイドサッシをもうけて、これを開く。

それだけではだめで、一番下の窓を開ける。玄関ドアでもよい。

すると、暖かい空気が外に出て行くのに応えて、一番下の開口部から比較的冷たい空気が入ってくる。

気密が高ければ、この効果は大きくなります。

 

お休みになるときに、用心が悪いので1階の窓を全部しめて、

2階の窓は全部あけているのだけど、風が通らない。

これは当たり前で、外で風が吹いていない限り、空気が動くことはありません。

1Fの窓をあけて、寝室の窓をあけると、自動的に風がとおります。

先に書いた、夜に、暖房を切らない。

と同じく、勘違いされている方が多いのでここに記します。

 

風を通したい部分の窓を上手に考えてあけると、楽に生活できます。

なにもかもあければよいものではありません。

 

祥設計室@ささか

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です